原著論文 (Original Article) の構造: 表題から結論まで (日本 語)

講師: Mr. Duncan Nicholas

コー​​ス内容

講座「研究論文執筆の準備」では、論文を書き始める際に考えておくべき重要な事項を取り上げました。論文を書くためには、論文全体の構造を理解しておく必要があります。学術誌の要求はその投稿規定に記載されており、国際的な査読誌のほとんどは、IMRAD形式という文章構成を課しています。

この講座を学べば、国際的な学術誌に論文を掲載する上でIMRAD形式がなぜ重要なのかが分かり、論文の各節に記載すべき内容について理解できます。この講座では、次の事項について述べていきます。

  • 論文の表題の決め方
  • 論文の「タイトルページ」の書き方
  • 要旨の書き方、キーワードの選び方
  • 序論 (Introduction) の組み立て方
  • 研究の材料と方法 (Material & Methods) の組み立て方
  • 結果 (Results) と考察 (Discussion) の組み立て方

この講座を受講すれば、論文の各節に記載すべき内容を習得できます。また、データベースで検索されやすい要旨とキーワードについて理解し、論文が引用される可能性を高めることができます。さらに、論文の構造を改善し、投稿先の学術誌が求める論文構造となっていないことを理由に論文が却下されるような事態を避けることができます。

Mr. Duncan Nicholas
Mr. Duncan Nicholas
学術出版編集者
Nicholas氏は、出版社Taylor & Francisの編集者など、出版業界において12年以上の幅広い経験を有する。Taylor & Francis社では30誌を超える学術誌の運営面を担当し、その後は学術誌の事業開拓を担当する部署の設立に参加。査読と編集作業について広い専門知識を持つ。欧州科学編集者協会 (European Association of Science Editors, EASE) 理事。国際編集者会議 (ISMTE) 委員長 (2017~18年度)。学術出版社協会 (ALPSP)・科学出版物の入手のための国際ネットワーク (INASP)・学術出版協会 (SSP) 会員。

5,000名超が利用するEnago Learnを試してみませんか?

お手頃価格 ・ 余裕のある学習期間 ・ 高い費用対効果

Get Enago Learn Now!

動画を見る

100% No-Risk Money Back Guarantee
100%返金保証

Enago Learnのサービスにご満足いただけない場合、30日以内であれば、全額返金させていただきます。

*