自分の研究を広める (日本 語)

Understand the Importance of Promoting Your Research | 講師: Ms Louise Russell

コー​​ス内容

国際的な学術ジャーナルで自分の研究論文を出版したら、次の課題はその研究論文を学会内で効果的に広めることに移ります。研究論文を広めることは、将来の共同研究を円滑に進めるだけでなく、自分の研究の影響を拡大させるためにも重要です。また、大学、研究助成金機関、出資者、そして学術界が特定の研究の重要性を評価し、新しい発見を積極的に支援するのにも役立ちます。可能性のある共同研究者、才能ある研究者/学生を引きつけ、研究助成金を獲得するためにも、自分の研究成果を広めることは極めて重要なのです。PUB017を学習することで、出版された研究論文が多くの組織からチェックされ、見られることになると分かるようになるでしょう。また、研究者が確立された研究プロフィールを維持することが重要であること、さらに、研究プロフィールの維持が長期的に見て大きな利益を上げることを理解できるようになります。このコースでは、次の項目を中心に解説します:

  • 研究を広めることの重要性
  • 研究者、大学、出版社にとってのメリット
  • 研究の可視化
  • オンラインプロフィールの維持管理方法
  • 研究者のコミュニケーションネットワークへの参加
  • 研究宣伝効果の測定方法
  • ORCID((Open Researcher and Contributor ID ; ORCID) IDの重要性
  • 研究を共有する最適メカニズム

 コースを修了すると、研究者は学術コミュニティ内での存在感を際立たせる方法を認識できるようになるでしょう。また、ESL(英語が母国語ではない)研究者にとって、このコースは、言葉の壁を越えて世界の読者に向けて自分の研究をアピールする方法を理解する助けとなるはずです。

Ms Louise Russell
Ms Louise Russell
Ingenta社 元最高執行責任者

Russell氏は、出版業界において15年以上の経験を有し、Ingenta社の学術部門で最高執行責任者を務めるなど、重要な職務を担ってきた。Ingenta社在籍時には、Ingenta Connect やpub2webといったプラットフォームの開発にも従事。その後、2013年より、Kudos社の設立チームの一員として、業務部長を務める。また、学術出版社協会 (ALPSP) の専門性開発委員会の委員長や、BMJ・F1000・Kudosのコンサルタントを務めてきた。

E-mail: learn@enago.com


5,000名超が利用するEnago Learnを試してみませんか?

お手頃価格 ・ 余裕のある学習期間 ・ 高い費用対効果

Enago Learnを始める

動画を見る

100% No-Risk Money Back Guarantee
100%返金保証

Enago Learnのサービスにご満足いただけない場合、30日以内であれば、全額返金させていただきます。